OPERA CANOVA試乗記 in サイクルモード2010

今回最初に試乗したのはOPERAのCANOVAでした。

画像


乗った印象は・・・
とびぬけた特徴は無いけれども、バランス良く平均点以上を取っているオール4の優等生って感じでしょうか。

OPUSカーボンフォーク(PINRELLOのONDAカーボンフォークと同様の形状)のコーナリング性能はサイクルモードの試乗コースでは実感できず。
ただ、ヘッド周りの剛性も必要十分でしたし、衝撃の吸収性も非常に良かったです。

フレーム全体を通して、衝撃吸収性は良好。
それにしても、近年、フレームの衝撃吸収性は良くなりましたね。
TREKのように、トップモデルでも衝撃吸収性の良いバイクはありますし、逆に私なんかでは完全に踏み負けてしまうくらい剛性感ガチガチのフレームも・・・
バイクそれぞれに個性があって、試乗していても非常に面白いです。


今回は、「エンデューロやロングライドを楽しく走れるバイク」を探すというのがテーマでしたが、CANOVAはその目的にはマッチしなかったかな。
「オールラウンドに使えるバイク」であれば、購入を検討する要素は十分に満たしていると思うのですが。

まぁ、そもそもOPUSカーボンフォークが気になっての"候補入り"でしたので、もともと目的には合致していなかったのですが・・・


あと、残念なことが1つ。

今回の試乗車ですが、左右でブレーキレバーの引きしろが大きく違っていて・・・
ブレーキキャリパが開いていたわけではないので、ワイヤのセッティングだと思うのですが・・・

フルブレーキング時に左のブレーキレバーがハンドルと干渉してしまうような状態でしたので、試乗車を返す時にスタッフに伝えたのですが、そのまま次の人に・・・

なんだか、もやもやとした試乗になってしまいました・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック