GARMIN Edge800Jを使ってみた ~ヒルクライム編~

先月の「ツール・ド・あいち ヒルクライム乗鞍エコーライン」で、GARMIN Edge800Jを使用しましたが、1番のメリットは地図と目の前の風景を重ね合わせながら走れることだと思います。

ルートラボなどであらかじめ勾配のきついところや勝負所をチェックしておけば、現在地とそのポイントの距離や、自分がどのようなポイントを走っているかを確認しながら走ることができます。
また、ゴール地点までの距離や、上を見上げた時にゴールがどこなのかを確認したりすることができるため、(ヒルクライムでは結構誤差が大きくでる)距離だけを見ながら走るのに比べると、初めてのコースでも走りやすく感じました。

また、トレーニング編でも書きましたが、1画面で多くの項目(しかも、あらかじめ自分で必要と判断した項目のみ)を表示させることができるのも魅力ですね。


重量を気にする方にとっては、約100gという重量が気になるかもしれませんが、私はそこまでシビアに考えていませんので・・・(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック