GARMIN Edge800Jへのコースの取り込み ~Google Map篇~

私が、GARMIN Edge800Jにコースを取り込んで使用していることは以前のブログで書きました。

そのコースの作成に、これまでルートラボを使用していたのですが、そのルートラボが2020/03/31で閉鎖されてしまいました。

そこで、Garmin Connectを使用した方法を前回のブログで書きましたが、今回はGoogle Mapを使用した方法を紹介したいと思います。


Google Mapは普段から使い慣れているため、Google Mapで簡単にコースが作成できれば良いなぁと思ったのですが、どうやらGoogle MapだけではGPXファイルの作成ができないようです。

今回は、そのあたりも含めて紹介したいと思います。


まずは、Google Mapにアクセス。

なお、私の環境はWindows10、ブラウザはGoogle Chromeを使用しています。

Google Mapの基本的な操作方法は、ドラッグで画面移動、スクロールボタンで拡大/縮小です。


スタート地点にマウスを合わせたら、右クリック→「ここからのルート」を押下します。

20200517-1.png

続いて、ゴール地点にマウスを合わせ、右クリック→「ここへのルート」を押下します。

20200517-2.png

すると、スタート地点からゴール地点へのコースがいくつか作成されます。

20200517-3.png

この時、画面左上に車、電車、歩行者、自転車、飛行機のマークが表示されますが、サイクリングロードなど、自動車が進入できない道も使用する場合は歩行者マークを、大きな道ばかりを使用したい場合は車マークを選択すれば良いかと思います。

自転車マークが選択できれば良いのですが、日本では対応していないという噂です。

また、車マークを使用した場合、自動車専用道路を通す場合があるので注意してください。


複数引かれたコースの内、自分が思い浮かべるコースと一番近いものを、左側の候補の中から選びます。

ベースとなるコースを選択したら、細部の修正です。

自分の思い描くコースと異なる場所の線をマウスでドラッグし、希望する道にポイントを移動します(経由地の設定)。

すると、そのポイントを通過するコースに変わります。

20200517-4.png

これをくり返して、自分の思い描くコースを作成します。

20200517-5.png

なお、指定できる経由地は9つまで。

指定した経由地は、クリックすることで削除することができます。


さて、これでコースの作成が終了しました。

続いて、サイコンに表示するためのGPXファイルの作成です。


上にも書きましたが、これはGoogle Mapではできないため、他のサイトの力を借りることになります。

ここでは、「Maps to GPX」というサイトを利用することにします。

まずは、https://mapstogpx.com/にアクセス。

ページの中程にあるテキストボックスに、先ほどコースを作成したGoogle MapのURLを貼り付け、「LET'S GO」ボタンを押下します。

20200517-6.png

すると、GPXファイルがダウンロードされるというわけです。

ダウンロードしたGPXファイルのEdge800Jへのコピー方法は、以前のブログを参照してください。


普段使い慣れているということと、航空写真やストリートビューも参照しながらコースを作成することができるので、一見使いやすそうに思えますが、経由地が9つまでしか設定できないというのが困りものです。

ちょっと入り組んだルートを作成しようと思うと、経由地が9箇所では足りないことがありますからね。

あと、ルートを保存できない(?)のも不便です。

これまで、Garmin ConnectとGoogle Mapの2つしか試していませんが、どちらをと訊かれれば、Garmin Connectと答えますかね。



GARMIN(ガーミン) Edge 830 セット GPSサイクルコンピューター(センサー類付)
GARMIN(ガーミン) Edge 830 セット GPSサイクルコンピューター(センサー類付)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント