コンピューターマウントの追加を検討中

昼間の走行時にもライトを点けるようになってから、気になるのがハンドル周りのごちゃごちゃ。

と言っても、サイクルコンピューター(GARMIN Edge800J)、ライト(CATEYE HL-EL010)、ベルの3つを取り付けているだけなのですが、GARMINは大柄なのでステムの右側を占有していますし、左側はステム寄りにベルが取り付けてあります。

その上、ブレーキ/シフトケーブルを避けてライトを取り付けようとすると、場所がありません。

仕方がないのでケーブルの上からライトを取り付けているのですが、どうもスマートではありません。

ハンドル周り


ハンドル周り


そこで、コンピューターマウントの追加を検討してみることにしました。

GARMINをステムに取り付けるという方法も考えたのですが、視線の移動距離が大きくなるため、私の好みではありません。


まず見たのはTOPEAKのBarXtender。


TOPEAK(トピーク) バーエクステンダー
TOPEAK(トピーク)
2011-11-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TOPEAK(トピーク) バーエクステンダー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



バーの位置をオフセットできたり、ステム、ハンドルバーの両方に取り付けれたり、チルトできたりするのですが、その分だけボルトなどが多くてスマートじゃない!

イメージとしてはハンドルバーのステムの脇から前に伸びて、ステムの前の部分にバーがきてくれればいいので、ハンドルバーへの取付ボルトだけであれば美しく見えるはずです。


少し調べてみたところ、2つの製品が見つかりました。

まず、TNIのカーボンメーターステー。





続いて、PWTのコンピューター&ライトマウント。





どちらも悪くないかなぁと思うのですが、ハンドルのマウント部が太いことが気になります。

自転車のハンドル部分を確認してみたのですが、スマートに配置できそうにありません。


もう少し調べたところ、同じくPWTから出ている、マウント部が細い商品を見つけました。





これならGARMINをステムの延長上に置き、ハンドルバーの左右にライトとベルを振り分けられそうです。


思い付きで買うと、いつもろくなことはないので、もう少し検討してみたいと思います。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック